YMCA とちぎYMCA

2018年度新規生徒募集!英会話クラス

English Camp for Global Leadership 2018

高校生新スタート

新しくなったYMCAのブランドロゴについて

YMCA camp 100th Anniversary

ユースボランティアリーダー募集!

とちぎYMCAのフォトサービス PhotoStore

とちぎYMCAのFacebook

さくらんぼ幼稚園

とちぎYMCA福祉会 ようとう保育園

マイホームきよはら

トライ東

ワイズメンズクラブ

日本YMCA同盟

Yっこ愉快だ宇都宮

第9回とちぎYMCAチャリティーラン報告

2014年6月29日(日)、栃木県総合運動公園陸上競技場にて、第9回とちぎYMCAチャリティーランが開催されました。

報告とお礼

この度は、標記大会の開催趣旨をご理解頂き、多くの皆様からご支援ご協力を頂きましたこと誠に有難く感謝申し上げます。
標記大会は、6月29日(日)、栃木県総合運動公園陸上競技場とその周辺を会場に、盛会のうちに開催することが出来ました。
朝方まで大雨でしたが、会場準備の頃には雨も上がり、開会式から閉会式まで晴天に恵まれ、初夏を感じさせる中での開催となりました。

チャリティーランの様子

メイン競技の「たすきリレー」には55チーム275名のランナーが参加しました。その他、80名余りの障がい児・者、268名のボランティア、98名のスタンプラリー参加者、そして15の協力団体の方々など、総勢850名の参加を得て開催することが出来ました。

参加者一人一人が楽しみながら元気一杯走ったり、応援したり、スタンプラリーをしたり、和やかな交流の場となりました。

よさこいグループ「勢や」のパフォーマンス、福祉施設の手作り商品、様々なNPO団体の模擬店、車いすバスケットボール、マサチューセッツ州から来日した15名のアメリカ人、小さい子どもたちからおじいちゃん・おばあちゃん…みんなでイベントを創り、盛り上がりました。

とちぎテレビのヒーロー「雷様剣士ダイジ」や栃木サッカークラブのマスコットキャラクター「トッキー」が応援に駆け付け、参加者への熱いエールを頂きました。また、大道芸フェスティバルからバルーンパフォーマーの「みるちゃん」も参加してくださいました。

標記大会が、盛会のうちに開催出来ましたことは偏にご支援ご協力をくださいました多くの皆様のお蔭と感謝しております。本当にありがとうございました。

この大会が企業と市民の協働として年々県内に拡がりをみせ、「障がい児・者と全ての人々が共に健康で幸せな暮らしができるノーマライゼーション社会」づくりの一助となることを願い、今後ともご支援ご協力賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人とちぎYMCA   代表理事 鷹箸  孝
とちぎYMCAチャリティーラン実行委員長 岡田 孝司

●たすきリレー参加チーム名(敬称略・順不同、番号はゼッケンNO.)

1 藤井産業A 2 藤井産業B 3 藤井産業C
4 キヤノンマーケティングジャパン 5 Y3宇都宮 6 Keiji Class
7 髙村保険事務所 8 KOUTAチーム 9 足利不動産
10 上野文具 11 富士ゼロックス栃木(1) 12 富士ゼロックス栃木(2)
13 富士ゼロックス栃木(3) 14 富士ゼロックス栃木(4) 15 富士ゼロックス栃木(5)
16 富士ゼロックス栃木(6) 17 八洋フーズ 18 宇都宮ワイズメンズクラブ(1)
19 宇都宮ワイズメンズクラブ(2) 20 YYファイヤーズ 21 住友生命 栃木支社
22 オカダ 23 グループサカモト 24 マロニエ交通
25 岩村建設 行けメンズ 26 岩村建設 ダンディーズ 27 ウィズテック
28 マイホームきよはら(1) 29 マイホームきよはら(2) 30 さくらんぼ幼稚園
31 ユーキャン 32 NTT東日本 栃木支店 33 那須ワイズメンズクラブ
34 沼尾医院 35 タチバナ 36 創電社
37 TEAM・B 38 サムライトサムシング 39 トライ
40 Challenged 41 白澤病院 42 リレー・フォー・ライフ
43 宇都宮ベンチャークラブ 44 ワンコインさくらんぼチーム 45 ワンコインY3宇都宮チーム
46 オカダプレス工業 47 マルヒロリサイクル 48 足利銀行 本店営業部
49 FSL RUN 栃木 50 チームNEC 51 県央資源リサイクル
52 宇都宮東ワイズメンズクラブ 53 アクティオ 54 藤和興業
55 あだぷてっど    

●協賛企業・団体・個人(敬称略・順不同)

協賛品
1 Mitsubishi Corporation 2 アメアスポーツジャパン 3 富士ゼロックス栃木
4 キャセイパシフィック航空会社 5 COSTCO 6 カルビー
7 ナンブハウジング 8 栃木銀行 9 大塚製薬
10 キリンビールマーケティング 11 日本栄養給食協会 12 プロテックコーポレーション
13 松本利馬 14 日産自動車栃木工場 15 PIZZA PLANET
16 フタバ食品 17 大麦工房ロア 18 大洋電気工業
19 宇都宮ヤクルト販売 20 藤井産業 21 三上 正
22 リンク栃木ブレックス 23 伊藤園 24 雅秀殿
25 宇都宮中央ライオンズクラブ    
広告
1 水上木材工業 2 関東総合企画 3 藤田医院
4 トヨタカローラ栃木 5 大洋電気工業 6 北関東綜合警備保障
7 国際ソロプチミスト宇都宮 8 山口住宅産業 9 マルフクアパート
10 増山公認会計士事務所 11 ユーキャン  
協力団体
1 宇都宮短期大学 2 さくらんぼファミリー 3 あすなろ
4 泉が丘ふれあいプラザ 5 よさこいグループ「勢や」 6 栃木照る照る坊主の会
7 宇都宮東高バスケットボールOB会 8 ICEP 9 栃木県車椅子バスケットボール連盟
10 宇都宮大道芸フェスティバル 11 宇都宮文星女子高等学校 12 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2014とちぎ
13 スペシャルオリンピックス日本・栃木 14 栃木サッカークラブ 15 イチゴノキ
寄付金(一口5,000円以上)
1 白澤病院 2 ウッドワン 3 田中工業
4 アイケーコーポレーション 5 星野アルミ建材 6 カナメ
7 山口住宅産業 8 足利ワイズメンズクラブ 9 リスランニングチーム
10 山陽シーエム 11 菊地自動車修理工場 12 長谷 範子
13 萩原 耕三 14 サンワ 15 水上木材工業
16 フケタ設計 17 西那須野幼稚園 18 オレンジサロン
19 冨士機材 20 Challengedグループ 21 伊澤 智昭
22 日本システムエンジニアリング 23 田上財務経営センター 24 増山 律子
25 藤田医院 26 デリアス 27 中村メンタルクリニック
28 フクビ化学工業 29 澤政 30 三井生命保険
31 大洋電気工業 32 烏山信用金庫平出支店 33 栃木信用金庫
34 斎藤 純子 35 小松 三良 36 鈴木 悦子
37 中澤 堅次 38 宇都宮ヤクルト販売 39 渡辺有規建築企画事務所
40 一条不動産 41 岩村建設 42 青源味噌
43 栃木小松フォークリフト 44 店舗集客集団WAO 45 くすの木

※ワンコイン協力者 約120名

【National Sponsor】

チャリティーラン招聘キャンプ ふじさんぽ 感想文

並木 由美

2014年の「ふじさんぽ」では、たいへんお世話になりました。
我が家は、娘も私も「晴れ女」なのですが、さすがに台風にはかないませんでした。
このお天気を、正直、最初は「残念」と思いながら参加したのですが、帰宅する頃には、「この悪天候の中、しかも夜道を、ふじさんぽ してきた」という充実感で、自分たち親子がとっても誇らしく思えていました。
「ふじさんぽ」に参加した理由は、「娘のために」のはずでしたが、終わってみれば、「ふじさんぽ」は、娘以上に、母親である私にとって本当に良い経験だったと思っています。
10月4日(土)の夜、晩御飯を食べてから、マイクロバスで向かった富士山五合目。そこで車から降りて歩いた真っ暗な山道、それは、知る人ぞ知るという昔の登山道とのことでした。
ふだんの散歩では、ふざけて私にからみついたりする娘が、小雨も降る中、みんなと同じペースで歩けるのか……内心、心配でした。しかし、娘は、このときばかりは真剣で、右手を私とつなぎ、左手を小池さんとつないでもらい、声も出さずに黙々と歩きました。
極めつけは、洞窟でした。狭い洞窟の中は、両側にともされている蝋燭の明かりだけが頼りでした。人一人がしゃがんでやっと通れるぐらいなので、娘も一人で進むしかありませんでした。そして、最後は梯子を登って洞窟から地上に出るわけですが、梯子というものを登ったことがない娘は、最初のうち、梯子にうまく足がかけられず、後ろで見ていた私は「どうしよう。後戻りもできないし、娘を抱きかかえて登れる場所でもないし……」と焦りました。が、ネイチャーガイドの方が、「片足上げて!はい上手!今度は反対の足!そうそう!上手上手!」と娘に声をかけてくださり、何とか梯子を登りきることができました。娘にとっては、生まれて初めてのサバイバル体験。リタイアせずにみんなに混じって往復することが出来ました。想定外にハードでしたが、歩きとおした娘の横顔を見たとき「この子の本当の力を私は分かっていなかった……」とひそかに反省しました。
白鳥さんが、車の運転をしながら「みんな、できないと思ってるかも知れないけれど、それは、できないのではなくて、やらないだけなんだ」とおっしゃった言葉が、本当にそのとおりで、胸に突き刺さりました。
ふじさんぽから帰ってきてから、私が娘の力をはかる“ものさし”が、変わりました!私が思っていた以上に、娘は歩ける!休日の外出も、今までだったら、当たり前のように、車に乗せて連れて行っていた所へも、「家から駅まで歩いて、電車に3区間乗って、降りた駅から現地まで、また歩いて」というように、生活が変わりはじめています!
何よりも、私の心にあった「娘にはそんなことできないだろう」という決めつけが、「二人でいっしょにやってみようか」というチャレンジにかわっているのを、今、実感しています。この思いをずっと大事にしていきたいです。何しろ、私の娘は“Challenged”ですから。

お問い合わせ
とちぎYMCAチャリティーラン事務局
〒320-0041 栃木県宇都宮市松原2-7-42
TEL: 028-624-2546 FAX: 028-624-2489
E-mail: ymca@tochigiymca.org